AGAのヘアマッサージはロングだとやりにくい?

AGAの対策として効果的なのがヘアマッサージです。
ヘアマッサージをするときは、頭皮の刺激も必要です。
髪だけを指圧してもまったく効果は得られないので、頭皮を動かすようにしてマッサージしましょう。
ロングだとヘアマッサージをしにくいので、ショートにしたほうがいい場合もあります。
ロングにすると意外と薄毛が目立ってしまうので、ある程度短くしたほうがよいのです。
何よりショートのほうが頭皮ケアをしやすくなりますし、育毛シャンプーの量も少なくてすみます。
ロングにこだわる方は無理にカットする必要はありませんが、AGA対策として考えるなら髪は短いほうが都合はいいです。

AGAの最大原因は男性ホルモンなので、ノコギリヤシなどの男性ホルモンを抑制する成分が役立ちます。
ただ、それ以外の原因も解消しないと効果は実感しやすいです。
男性ホルモン以外にも、乱れた食生活、寝不足、肥満、ストレスなども関係しています。
不規則な生活を続けながら、ノコギリヤシを摂取してもあまり効果は出ません。
実際、AGAに悩んでいる男性の多くは、生活習慣も乱れていることが多いのです。
規則正しい生活を送っていれば、薄毛を最小限にまで抑えることができます。
若くして薄毛に悩んでいる男性は、生活バランスが乱れた状態を10年以上継続していることが多いです。

髪がロングの男性は、皮脂を落としにくいと考えて間違いありません。
髪にも皮脂は付着しますし、目に見えないほこりや汚れも存在しています。
シャンプーをする前にブラッシングをして、軽く汚れを落としておきましょう。
洗髪をするときは地肌を洗うイメージで行ってください。
シャンプーを十分に泡立ててから、指の腹でマッサージするように洗っていきます。