AGAとは何なのか?

フィンペシア
↑AGAを安く治すならこのジェネリックが安心

AGAとは、Androgenetic-Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)の略です。日本語では男性型脱毛症と訳されています。
脱毛症には大きく分けて、一時的なものと、進行性のもの、があります。
一時的な脱毛症の代表が、円形脱毛症、出産後の脱毛症、薬剤性脱毛症、などです。
一時的ではない進行性のものは、加齢によって起こるAGAが代表的です。思春期以降に起こることが多いです。
脱毛が起こる部位は、額の生え際、頭頂部周辺、です。人によって進行の仕方は違い、前頂部や頭頂部のどちらかから進行したり、両方から進行してくることもあります。
AGAの主な原因は、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)です。
人間の髪の毛は、どんなにフサフサの人でも同じ毛が永遠に生えているわけではありません。成長期、退行期、休止期、という3つのサイクルによって、2~6年ごとに入れ替わっています。
DHTから影響を受けると、成長期のヘアサイクルが短くなって、一気に休止期に入ります。すると細くて短い毛しか育たないので、脱毛が起こりやすく、薄毛になりやすくなります。
逆に考えれば、DHTが影響を与えないような頭皮環境を作り出してあげれば、AGAは改善できるということです。
そのための治療法として、男性ホルモンテストステロンをDHTに変えてしまう「II型5α-リダクターゼ」という酵素の働きを阻害する薬が登場しています。
男性ホルモンのテストステロンには個人差はさほどないと言われていますが、DHTの量には差があります。DHTの量が増えれば増えるほどAGAになる可能性は高くなってしまいます。DHTの量をいかにして増やさないようにするかが治療のメインになります。

■AGAじゃなく真菌が原因の皮膚病にはこの成分の薬を
テルビナフィンで注意すべきこと
■ロゲインでAGA治療を行ってみませんか?
ロゲインは併用した方が良い?